誰もが一度は耳にしたことのあるであろう病気、クラミジア。性病として有名で、日本で見ても最も多い性病と言われています。そんななか咽頭クラミジアというものもあります。喉の奥で発症した場合に咽頭クラミジアと言われ、症状は風邪と似ているという特徴があります。そんな咽頭クラミジアの症状や感染経路など、様々なことをご紹介します。

咽頭クラミジアとはクラミジア・トラコマティスという細菌が喉の奥にある粘膜に感染したために発症する感染症であり、クラミジアが感染する原因の三割がこの咽頭クラミジアであるとされています。
この咽頭クラミジアは風邪とよく似た症状となるために自分がクラミジアに感染していることに気付かない場合が多く、それによって感染が拡大する原因でもあります。
正しい知識を持ってこの咽頭クラミジアを早期に発見して正しい対処法をすることで感染が防げるのですが、他の感染症と間違うケースもあるため、咽頭クラミジア独自の症状を把握するのはとても重要になってきます。

カンジタの感染力は非常に強いので注意する

この病気は、性器に性病として発症している人が日本では最も多い病気でもあります。
そして性器で発症していれば高い確率で咽頭にも感染している確率の高い性病でもあり、そこからしても接触するとあらゆる場所で感染してしまい、とても感染力が高い性病と言えます。
ここまで感染が拡大するのは感染力の高さもありますが、自覚症状が初期には分かりにくいということが挙げられます。

この細菌は空気中や水中では生息できずに短時間で死亡してしまうので、感染力が高いとしても風呂やプール、または同じ洋式便器を使用したからといって感染するようなことはありません。
動物が細胞同士を接触することでしか感染しないのですが、動物の細胞内にある間は強い生命力を誇っていて簡単に死滅することがないので自然治癒することは考えにくく、治すには抗生物質の投与しか方法がないのです。
人間がこの細菌に感染する経路は性行為からと言って過言ではありません。
細菌がいる場所を他の人間が直接に接触する行為というと医療行為以外では限られているので、手からも感染しますが、通常時では意識して行わないと接触するような事態はあまり起きません。

特に発症する場所として多いのは性器からなので、ここを他の人が直接に接触する機会は性行為以外は考えにくいからです。
また直接に性器に触れていなかったとしても感染した精液や膣分泌液が手に触れ、その手で粘膜のある性器、肛門、口、目に触れただけで感染する可能性があります。
口に感染するのですから、舌を相手の口内にいれるようなディープキスをすれば当然に感染することがあります。
またこの病気の厄介な点は他の性病と感染経路がとても似ているので、他の性病も同時に併発する可能性があるということです。
そして他の性病が併発すると、見ただけでどちらの病気なのか断定するのはとても難しく、間違った対処法を実践すると悪化するだけになってしまいます。

また感染しても潜伏期間というのがあるため、その間に性行為をすると感染してしまいます。
毎年二万人以上がこの病気を発症しているのですから、どれだけ感染力の強い性病であるのか分かると思います。
そのため不特定多数の人と性行為をするというのはとても危険であり、手からも感染するので、コンドームをしていれば完全に防げるというわけではありません。
性病になってもいいという人はいるはずがないので、感染しないためにも知らない相手との性行為は避けるべきです。

咽頭クラミジアに感染しないための予防法

咽頭クラミジアの感染の殆どが、男性器に付いている細菌を口に入れることで感染したり、女性の性器を舐めたりする行為をすると感染します。
またディープキスでも感染
するので、口を使った性行為で感染する病気と言えます。
この細菌は動物の細胞内でしか生息していけないので、空気感染や飛沫感染といった感染経路は辿りませんので、予防というと性行為になるのです。

特にこの咽頭クラミジアはフェラチオやクンニリングスで感染する確率が高いので、この行為をしなければいいということになります。
しかし性病というと膣から感染するというイメージが強く、口は安全という間違った知識が広く流布しています。
そのためにこの咽頭クラミジアから感染する確率が高くなっているのであり、予防するにはもっとこの咽頭クラミジアというものを知る必要があります。
この咽頭クラミジアが知られていない原因は、その症状が風邪とよく似ているので自分が感染していることに気付かない場合が多いからです。
咽頭クラミジアは喉の奥の粘膜で発症するので、起きる症状としては喉の痛みや発熱などです。

これは風邪の初期症状と似ていて、専門の医師でもただ見ただけでは風邪なのか咽頭クラミジアなのか判別がつかないほどです。
人は発熱があったとしても、それが性病からくるとはなかなか発想しません。
そのためこの咽頭クラミジアは性器に発症して初めて気づく場合が殆どです。
しかし性器にクラミジアが発症すれば5人に1人は咽頭クラミジアになっているため、性器で発症したら咽頭クラミジアも疑うべきです。
この細菌は動物の細胞内でしか生息できない性質を持っているため、感染はほぼ性行為からだと言えるので、感染を予防する最適な方法はコンドームを使った性行為となります。

性的な感染症の多くがコンドームを使用すると防げるのですが、このクラミジアも例外ではありません。
不特定多数の相手と頻繁に性行為をする人は、コンドームを使った性行為をしなければ高い確率で感染していきます。
また咽頭クラミジアは喉の奥に細菌が入り込むことで引き起こされるのですから、性器に口を近付けなければ予防できます。
口を使った性行為の多くは女性がするフェラチオですから、女性側も口からも性病は感染するという知識を持ち、口を使えば安全という間違った知識を改めていく必要があります。
また手からも感染するので、性行為で相手の性器を触ったらその後は清潔にすることを心掛け、間違ってもそのまま手を口などに近づけてはいけません。
もしクラミジアに感染したことがわかった場合、多くの方はジスロマックで治療することになるでしょう。ジスロマックはクラミジアに対し効果の高い医薬品ですが、クラミジアの症状は気づきにくく症状が進行してしまっていたということもあります。
そのような状況を防ぐため、予めジスロマックを通販で購入しておき、クラミジアに似た症状が出たらすぐにジスロマックを服用するという方法もおすすめです。
ジスロマックはあんしん通販薬局で買うのがおすすめです。通販は価格も安く購入出来るので経済的なのも利点の1つでしょう。

コンドームは避妊だけではなく性病感染も防げる

コンドームは避妊するために使用するものの中で、最も高い避妊成功率を誇っています。
それは精子がコンドームの壁を抜けられないほどに精巧な作りをしているのですから、性病の原因となる菌についても遮断する働きがあります。
性病になる原因の殆どがコンドームを使わず、そのままで性交渉を行ったからです。

特に性病には自覚症状として出ない場合もあり、また出ていたとしても軽い性病だと勝手に思い込んで対処をしていないことも有ります。
確かに性病の中にも自然治癒で治っていく場合もありますが、そんな自然治癒を待っている間に性行為をしてしまえば、感染を拡大するだけです。
コンドームは使用した経験のある男性ならば、その殆どができるなら使用したくないと思っています。
それはどんなにコンドームの性能が向上して薄くなったとしても、直接に膣の感覚を体験するのとは違った感覚になってしまうからです。
やはり薄い膜程度の厚みしかないとしても、この感覚の違いが薄まるのは難しいと言えます。
だからこそ性病は性交渉を介して拡大していくのであり、この流れを食い止めるのは容易なことではありません。

現在は性病に関する研究も広く行われていて、それに対する対処法は格段に進歩しています。
以前なら不治の病気とまで言われていた性病にしても、今では対処法が確立しているほどです。
しかし性病というのは発症して初めて後悔することが多く、男性も女性も他人に一番見られたく場所を医者であっても別の人に曝け出すのですから、その羞恥心は耐え難いものと言えるでしょう。
そこでどうしても恥ずかしいために何もしないでそのままにする人もいますが、性病といっても重症化する可能性も十分にあります。

以前は性病で命を落とすケースも多かったのですから、医療の進歩があるといったも簡単に考えるべき問題ではありません。
性交渉というのは子孫を残すために大切な行為ですが、他では得られない快感を感じられるので、その快感のためだけに性行為を求めることがあります。
それは性欲として本能に組み込まれている以上、仕方がないことなのかもしれませんが、それでも自分を大切にしたいのであるなら、少しでも相手の性器に異常を感じたらコンドームを使用するべきです。
はっきり言って、女性で妊娠を望んでいないのであれば、その多くは男性にコンドームを使用して欲しいと思っています。
コンドームを使用するだけで避妊も性病も防げるのですから、少しの感覚の違いには目を瞑ってもいいのではないでしょうか。