誰もが一度は耳にしたことのあるであろう病気、クラミジア。性病として有名で、日本で見ても最も多い性病と言われています。そんななか咽頭クラミジアというものもあります。喉の奥で発症した場合に咽頭クラミジアと言われ、症状は風邪と似ているという特徴があります。そんな咽頭クラミジアの症状や感染経路など、様々なことをご紹介します。

感染症である淋病治療について

淋病というのは淋菌という細菌に感染することによって起きる病気です。
性的な接触によって人から人へと感染するため、いわゆる性病の一つとなっています。
男性であれば尿道や睾丸など、女性あれば尿道や子宮などに発症しますが、口を使った性行為をした場合には咽頭に発症することもあります。

淋病は主に性行為によって感染しますが、母子感染をしたり、手の指やタオルなどから感染する場合もあります。
感染してから発症するまでにかかる期間はおよそ1週間くらいですが、なかには症状がないまま時間が経ってしまい、治療期間が長期化することもあります。

男性の場合、淋病にかかると排尿したときに熱さや痛みなどを感じるようになります。
また、濁った尿や黄白色の膿が出る場合もあります。睾丸やペニス全体が腫れて痛みを感じる人もいます。
男性の淋病は、女性とくらべると重い症状が出ることが多いのが特徴です。
まれですが、男性であっても症状が出ないまま経過する場合もあります。

女性の場合は多くの人が軽症で、自覚症状がはっきりと現れないことがほとんどです。
発症した場合には、主に陰部がかゆくなったり、尿道から膿が出るといった症状が出ます。
また、おりものの量が増えたり、緑黄色のおりものが出る人もいます。
治療を行わずに放置した場合には、子宮や卵管などの骨盤内臓器に炎症がおよぶこともあるので注意が必要です。

淋病の治療には、淋菌を殺す抗生物質が使われます。
しかし、淋菌には通常の抗生物質が効かない耐性菌が増えてきているため、飲み薬ではなくスペチクノマイシンやセフトリアキソンといった注射剤が使用されることが多くなっています。

スペチクノマイシンは筋肉に、セフトリアキソンは静脈に注射することによって淋病を治療します。
これらの注射剤を使った場合、通常は1回の注射によって淋病を治すことができます。
また、どちらも保険適用薬であり、健康保険を使った治療が可能となっています。

女性は不妊の原因にもなるのでしっかり治す

淋病は女性では無症状であることが多いため、人によっては長期間淋菌に感染したままになっていることがあります。
淋菌は性行為だけでなく、日用品などを介して感染することもあるので、パートナーや家族といっしょに生活している場合には十分に注意しなくてはいけません。

女性の場合、淋病にかかっていてもただの膀胱炎や膣炎などと診断されてしまうケースもあります。
そのため、自覚症状が出たときには早めに病院を受診して、適切な治療を受けることが大切です。
女性は最初のころは尿やおりものなどに異常が現れますが、感染が広がると子宮や子宮頚管にも炎症が起きるようになります。

骨盤内臓器に炎症が起きてしまうと、卵管などを破損してしまい、子宮外妊娠や不妊を引き起こす原因となってしまいます。
また、ほかの病気との合併症を起こすリスクも高くなります。
子宮頚管炎は無症状のことも多いので注意してください。重症の場合には、腹痛などの症状を起こすこともあります。

淋病は女性よりも男性のほうが感染者数の多い病気ですが、1回の性行為によって男性から女性へと感染する確率は50%~60%ほどもあるとされています。
一方、女性から男性へと感染する確率はおよそ35%と、逆のケースにくらべて低くなっています。
つまり、女性は男性にくらべて淋病に感染する確率が高いため、しっかりとした予防と治療をすることが大切だと言えます。

とくにパートナーといっしょに生活している場合には、自覚症状が出ないままに一方からもう一方へと感染を繰り返してしまうケースがあります。
淋病を予防するためには、性行為をする際にコンドームを着用したり、あるいは完治するまではしっかりと禁欲するということが大切です。
一度淋病にかかったことのある人は、治療期間が長期化したり、不妊にならないためにも、きちんと病院を受診して完治させる必要があります。